youtubeチャンネルの作成法【サルでもワカル図解2018年版】

この記事を書いている人
複業ユーチューバー/情報発信者
加藤 武
 

チャンネル登録者20万人オーバー総再生回数3億再生を超える人気チャンネルを運営する顔出ししないユーチューバーである僕が、ブランドアカウントでのYouTubeチャンネル作成方法と、そのチャンネルのユーチューバー的な初期設定方法を解説します。

YouTubeチャンネルを作成する前に

YouTubeチャンネル作成の手順を説明する前に、前提知識として2つの違いを解説します。これを正しく理解していないと、あなたの名前がチャンネル名として表示されることもあるので、事前にご説明します。

YouTubeアカウントとYouTubeチャンネルの違い

YouTubeチャンネルを作成する手順は、

1.YouTubeアカウントを作成する
2.YouTubeアカウントの中にYouTubeチャンネルを作成する

になります。

YouTubeアカウントは、Gmailと紐づいた箱のようなもので、
その箱の中にYouTubeチャンネルを作成していきます。


この図の枠にあたるのが「アカウント」で、中に入っているボックス1つ1つが「チャンネル」になります。

デフォルトアカウントとブランドアカウントの違い

さて、ここでチャンネル開設前の基礎知識として、もう一つの違いをご説明します。

YouTubeチャンネルには2種類ありまして、特に何も設定しなければ「デフォルトアカウント」となり、Google(Gmail)アカウントを取得した時に入力した氏名(名前)がチャンネル名につきます。

例えば

「HIKAKIN TV」というチャンネル名ではなく本名になったり
「はじめしゃちょー」ではなく、名前でチャンネル名になったら大変ですよね。

これからユーチューバーとして活動していくなら、カッコいいチャンネル名をつけたいじゃないですか 笑

これは「ブランドアカウント」でチャンネルを作成すればいいだけなので、本ページで解説している手順に沿って作業していけば大丈夫です。

では、2つの違いを理解した方は、早速YouTubeチャンネルを作成していきましょう!
 

youtubeチャンネルに名前を表示させず作成する方法

YouTubeチャンネルを新規に作成する時に、ブランドアカウントで作成しないとGoogleアカウントで登録した名前(本名での登録なら本名)がチャンネル名になってしまいます。それを回避する方法を解説し、開設したチャンネルの【顔出ししないユーチューバー的な初期設定方法】を紹介します。

新しくYouTubeチャンネルを作成する

1.YouTubeにアクセス
YouTubeチャンネルを作成するには、YouTubeにログインする必要があります。
まず、https://www.youtube.com/にアクセスしてください。

▲画面右上のログインをクリックします。

2.Gmailアカウントの入力

▲あなたがお持ちのGoogleアカウントの、Gmailを入力し「次へ」をクリックします。

※Gmailを持っていない場合は、赤い点線の枠にある「アカウントを作成」をクリックし新規作成してください。

3.パスワードを入力

▲パスワードを入力し「次へ」をクリックします。

4.YouTubeアカウント作成完了

▲YouTubeのアカウントが作成されました(まだチャンネルは作成されていません)ので、
右上の人型のボタンをクリックします。

5.マイチャンネルをクリック

▲「マイチャンネル」をクリックします。

6.ビジネス名などの名前を使用をクリック

※ここが重要です。
▲「ビジネス名などの名前を使用」をクリックします。

7.使いたいチャンネル名を入力

▲「ブランドアカウント名」を入力し「次へ」をクリックします。

8.チャンネルにログイン

▲チャンネルが作成されましたので「ログイン」します。

9.チャンネル作成完了

▲まず1本、簡単でいいので動画をアップロードし
 本記事2項のユーチューバー的なチャンネル初期設定に進んでください。

※もし手順を間違えて、チャンネル名に名前がついてしまった場合は、
以下の要領で処理してください。

1.追加でチャンネルを作成する
2.名前つきのチャンネルを削除する

詳しくはコチラのページへ

ユーチューバー的なチャンネル初期設定方法

YouTubeチャンネルのトップページは、訪問者にあなたのチャンネルを一目でアピールするための場所になります。なんだか良く分からないチャンネルでは、チャンネル登録の確率が減ります。チャンネル登録者の増加のためにも本項の初期設定は必ず実施しましょう。

加えて言うと、アクセス数としては動画個別ページからが多いです。が、ワンクリックでチャンネルトップページに飛ぶように設計されており、トップページへのアクセス数も、それなりに見込めます。

僕の実例を言うと、直接的なデータはありませんが、アナリティクスの状況から1日あたり1000~2000アクセスがあると見込んでいます。

ということで、

動画個別ページ ⇒ チャンネルトップページ ⇒ 動画個別ページor再生リスト

このようにチャンネル内を回遊させ再生数を引き上げる効果もあります。グルグルとチャンネル内を回遊し、あなたの動画を見続けるように仕込めれば、あなたのチャンネルのファン化が進む設計書でもあります。本当に基本中の基本になりますので、しっかりと実践に落とし込んでいきましょう。

下記に設定方法を図解で解説していきますが、YouTubeの仕様変更に伴い、チャンネルトップページを編集するには、チャンネルトップページに表示される下記赤枠の「レイアウトを編集」ボタンをクリックする必要があります。

最初に、このボタンを押してから、下記設定を開始してください。

チャンネルナビゲーションがない場合の設定方法

1.設定画面を表示

まずは、チャンネル紹介動画とセクションを使うための設定をしていきます。

▲「歯車マーク」をクリックします。

2.「チャンネルのレイアウトをカスタマイズ」を有効に

▲「チャンネルのレイアウトをカスタマイズ」を「有効」にし「保存」します。

これで、チャンネル紹介動画とセクションなどが使えるようになりました。
 

チャンネル登録者向け表示

※動画を1本公開すると下記画面が現れ、設定できるようになります。

チャンネル登録済みの方が訪問した場合に表示する動画を設定していきます。

1.設定項目の表示

▲鉛筆マークをクリックします。

2.設定項目の変更

▲「最新のアップロード動画」を選択し「完了」します。

※チャンネル登録者向けの設定画面は、動画を1本でも公開しないと表示されないように、YouTubeの仕様が変更になっています。ですので、まずは動画を1本でも投稿しておきましょう。

※最新のアップデートを選択することも可能ですが、僕は、最新のアップロード動画を推奨しています。

ただし、全体の枠組みを明確に理解された上で[最新のアップデート]を選択するという選択肢は否定するものではありません。
 

再生リスト作成と使い方

再生リストの作り方は、YouTubeヘルプを参照ください。
https://support.google.com/youtube/answer/57792?hl=ja

再生リストには、他チャンネルの動画も設定できますが、初期設定に使用する再生リストは、あなたのチャンネルの動画だけを入れていきます。

そして、次項で解説するセクションに設定します。
▼具体例として、ヒカキンTVを見てイメージをつかんでください。

https://www.youtube.com/user/HikakinTV

セクションは全部で10個設定できますので、最低でも再生リストも10個の切り口でつくっていきましょう。

(まだ動画作成していないため、空の再生リストをつくります)
(そして、動画を作成し投稿したら、再生リストに組み込んでいきます)

こうすることで、色々な切り口で投稿した動画を、あなたのチャンネルに一覧形式で表示させることができ、あなたのチャンネルがどのようなチャンネルかを訪問者に伝える役割を果たします。

ブログのカテゴリ分けのイメージに近いです。

(補足)

新しい動画を再生リストの先頭に設定していきます。
その状態をデフォルトにするため下記の設定をしておきましょう。

▲「再生リストの設定」をクリックします。

▲「再生リストのトップに新しい動画を追加」にチェックを入れ「保存」します。
これで新しく追加する動画は、再生リストの先頭に保存されます。

セクションに再生リストを設定する

それでは、作成した再生リストをセクションに設定していきます。

1.セクションの追加

▲「セクションを追加」をクリックします。

2.追加項目の種類の選択

▲1つの再生リストを選択します。

3.追加する再生リストの選択

▲再生リストの中から表示させる再生リストを選択し「完了」をクリックします。

あなたの動画だけを入れる空の再生リストの箱が10個あります。セクションの追加をしていき、設定を繰り返すことで、あなたのチャンネルがどんな専門チャンネルなのかをアピールするようにしてください。

複数の再生リストをセクションに追加すると、以下のようなイメージとなります。

※チャンネルトップページのセクションに設定する再生リストは、あなたが作成する動画を入れていきましょう。

※作成する再生リストの切り口は、市場調査に基づき、これから運営を始めるあなたのチャンネルの全体像を、訪問者に伝えることを意識して作成してください。

チャンネルのブランディングを高める設定

この動画で語られているように、ユーチューバーである僕らは、チャンネルの広く知らしめてファンを獲得するためにも、チャンネル全体をデザインしブランディングしていくことが求められます。

最初から大上段に構える必要はありませんが、最低限の設定をし、あなたのチャンネルを視聴者さんに知ってもらうことを意識してください。

そのためにも、先ずはチャンネルアイコンとチャンネルアートを設定をします。
チャンネルアイコンとチャンネルアートは事前に画像編集して用意しておきましょう。

編集方法は、コチラの記事を参照しください。

チャンネルアイコンの設定と反映のさせ方

それでは、チャンネルアイコンの設定からいきましょう。

1.設定項目の表示1

▲こちらの枠の周辺にマウスを持っていくと表示される鉛筆マークをクリックします。

2.設定項目の表示2

▲「編集」をクリックします。

3.設定項目の表示3

▲「写真をアップロード」をクリックします。

4.アイコンに設定する画像の選択

▲用意したチャンネルアイコンを選択し「開く」をクリックします。

5.設定完了

▲表示する範囲を調整し「完了」をクリックすることでチャンネルアイコンに反映されます。

補足

Google+でShareするフォームが出てくるケースもありますが、これはShareでもCancelでも、どちらでも構いません。
 

チャンネルアートの設定と反映のさせ方

続いて、チャンネルアートを設定します。

1.設定項目の表示

▲「チャンネルアートを追加」を選択します。

2.画像の指定方法の選択

▲「パソコンから写真を選択」をクリックします。

3.チャンネルアートに設定する画像の選択

▲用意した画像を選択して「開く」をクリックし「選択」します。
 

概要タブの設定

続いて「概要タブ」の設定をしていきます。

1.設定項目の表示

▲「概要」タブをクリックし「チャンネルの説明」を設定していきます。

2.概要の入力

▲チャンネルの説明で、キーワードを意識して設定して「完了」します。

リンクも追加していきましょう。(Google+はデフォルトで設定されているケースがあります)

3.設定項目の表示:リンクの追加1

▲鉛筆マークをクリックします。

4.設定項目の表示:リンクの追加2

▲「追加」をクリックします。

5.リンク欄におススメ再生リストの入力

一番最初のリンクのみチャンネルアートに「リンクのタイトル」がオーバーレイされます。ここは目につく場所でもあるので、特にオススメの再生リストを設定しておきましょう。

その他、TwitterやFacebookページ、ブログなど、あなたが運営するYouTubeチャンネルの派生媒体があれば、ここに追加して登録しておきます。
 

チャンネル紹介動画の設定と作り方

▲「チャンネル紹介動画」をクリックし動画を設定することで、チャンネル未登録者への紹介動画を設定できます。

「チャンネル紹介動画作成のポイント」として紹介されているものも参考にしながら、あなたのチャンネル紹介用動画を作成し、この場所に設定していきましょう。

チャンネル紹介動画作成のポイントは普通の動画と同じく、

▼最初の5秒、15秒でのつかみ
▼視聴しつづけてもらう構成
▼アクションを促す

です。

※チャンネル紹介動画の設定画面は、動画を1本でも投稿すれば設定できるようになります。

※最初は無理にチャンネル紹介用の動画を作成する必要ありませんが、ゆくゆくは作成した方がいいです。チャンネル紹介動画を作成していない場合は、あなた自身が作成した動画の中で、一番視聴維持率が高く、視聴時間が長い動画を設定しましょう。

あなたのチャンネルに初めて訪問された方を出迎える動画です。
一番反応の良いものを設定していきましょう。

youtube おすすめチャンネルを設定し追加する

続いて「おすすめチャンネル」を追加します。

1.設定項目の表示

▲YouTubeトップページ右側にある「おすすめチャンネル」で「チャンネルを追加」をクリックします。

2.おすすめチャンネルの設定

▲市場調査して設定したベンチマークチャンネルやライバルチャンネル、そして参入する分野で人気のチャンネルのトップページURLを入力し「追加」し、全てのチャンネルを追加し終わったら「完了」をクリックします。
 

YouTube チャンネルタグの設定

アナリティクスのチャンネルの「詳細設定」で「チャンネルキーワード」を設定し「保存」します。

▲複数ある場合は、画像にあるように半角の「,」で区切ってください。ここに設定するキーワードは、あなたが市場調査して参入分野を策定して時に、メインで狙うと定めたキーワードを設定してください。

以上で、初期設定は終了です。
おつかれさまでした。

まとめ

本記事では、顔出ししないユーチューバーである僕が、どのようにYouTubeチャンネルの初期設定(9項目)をしているのかを解説しました。

いずれもYouTubeで稼ぐための最低限のみだしなみのようなものです。
一つひとつ作業して設定していきましょう。

 

▼そして、YouTubeで1000万再生されるようなチャンネルを運営したいとお考えなら、僕の電子書籍「ライト版:YouTube1000万再生Club」をプレゼントさせていだきます。

奮ってご応募くださいね。
 ↓ ↓ ↓

The following two tabs change content below.
Takeshi Kato

Takeshi Kato

加藤武 顔出ししないユーチューバー/情報発信者。
1971年11月1日生まれ。新潟県出身。
息子と遊ぶことが大好きな47歳。

大学卒業後サラリーマンとして働くも、出世や昇給の限界を感じ、38歳で副業を始め、間もなくして退職。ネットビジネス1本で生きていく道を選択する。 まったく稼げない時期に苦しみながらも、YouTubeアドセンスと出会い、今では1 日1本の動画をつくるだけで、サラリーマン時代の収入の3倍を稼ぎ続けている。 当時の自分と同じような葛藤を抱える中年サラリーマンに、人生の選択肢を与えることをテーマに、情報発信や指導にも積極的に取り組み、“稼ぐ”ではなく”稼ぎ続ける”ことを重視する指導指針には、老若男女、幅広いファンから熱い支持を受けている。

◆加藤武プロフィール
◆教え子の喜びの声