ブラウジング機能とは【一瞬でチャンネル登録者を増やす】

YouTubeのブラウジング機能って何!?と思って検索して僕のブログに訪れてくれたあなたは、
普段、YouTubeに動画投稿しているユーチューバーだと思うんですけど、

「なんとなく動画作成して投稿しているだけで、実は YouTube の攻略法なにも分からないや….」という方も多いのではないでしょうか?

実は、このブラウジング機能っメチャクチャ優秀で、
一瞬でチャンネル登録者を増やす効果もあったりする
ので、

詳しくじっくりと見ていきましょう!

この記事を書いている人
顔出ししないユーチューバー/情報発信者
加藤 武

チャンネル登録者20万人オーバー総再生回数3億再生を超える人気チャンネルを運営する顔出ししないユーチューバーである僕が、一瞬でチャンネル登録者を増やす効果のあるブラウジング機能について解説します。

ブラウジング機能からの再生数の確認方法

YouTubeチャンネルに付属のYouTube Studio のアナリティクスを確認すると、
トラフィックソースという項目があります。

【リーチ】というタブにトラフィックソースという項目が表示され、全体の何割くらいの割合で再生されているか確認することができます。

この図にあるように僕のチャンネルでは、全体の再生数の1割を占めていまして、関連動画に次ぐトラフィックソースになっています。

また【詳細】をクリックすると、

ブラウジング機能の詳細項目ごとのリーチ、クリック率、再生数も確認することができます。

ブラウジング機能はトップページからの再生が大半を占めます

上図のところから更に、ブラウジング機能をクリックしていくと、その中身が確認できます。

この図のように、そのほとんどがトップページからの再生になります。

では、トップページとは何かというと、

トップページまたはホーム画面。
ログイン中の視聴者とログインしていない視聴者の両方を含みます。

と、YouTubeヘルプに記載されている通り、

こういった場所に表示され、クリックして再生されたケースが集計されています。
~~~~~~~~~~~~~~~~
 ↑
あなたの動画を好みそうな人のトップページに表示されるので、もし新しいユーチューバーとして気に入ってくれたら、チャンネル登録に結びつきます。

だから、もしこのブラウジング機能にあなたのチャンネルの動画がバンバンと表示されたら、あっという間にチャンネル登録者が日々100人単位で増えていくんですね。

コンサル生の事例
登録者 766人(+128人)

特にブラウジングは3日が3371回4日は5159回
視聴維持も高いので数字も上がってきているんだと思います。

今もリアルタイムで再生が回っているので
ベンチの再生が続くまで伸びるとは思いますが、
最近このチャンネルは再生が数日で止まっている印象なので、
6日に公開した新しい新着動画に自分の動画を出せるように
狙いたいと思っています。

それで、YouTubeで言われているブラウジングとはこういう性格のある機能でして、バズるのとは少し性格が異なります。

バズるのは一般的にはSNSなどでユーザーが口コミで大きく拡散する行為が拡がることでアクセス数が爆発的に増える現象のことですが、ブラウジング機能の場合は、YouTubeアルゴリズムに基づいて選ばれて、トップページに表示されていきます。

ですので、ブラウジング機能攻略するためには、YouTubeアルゴリズムに選択される必要があり、選ばれる確率を上げるのは「新しい」という要素に注目していくといいです。

なぜブラウジング機能から再生されるのか?

YouTubeが新しいユーチューバーをオーデションするためにブラウジング機能から再生を回し始めるようになっています。

これは、収益化のハードルを高くした対応の一つだと僕は考えています。

YouTube収益化の新基準
チャンネルの過去 12 か月間の総再生時間が 4,000 時間、チャンネル登録者が 1,000 人に到達すると、このプログラムに参加できるかどうかが審査されます。

というのは、

YouTubeにとってみると
新しいユーチューバーが入ってこないと、

YouTube = 古い MEDIA だというイメージになっていってしまいます。

▼例えば、

昭和の時代に人気だった芸能人が
今でもテレビの主流であってドンと陣取っていたら、

若い人はテレビ見なくなりますよね。

それと同じで

YouTubeも マスMEDIA なので、
新しい血がドンドンと入ってこないと、古いモノへと追いやられていきます。

そうなっては YouTube は広告で稼げなくなりますので、
収益化のハードルを上げる代わりに、

良質な新しいユーチューバーを見つけ、
ブラウジング機能を使って宣伝し、チャンネル登録者や再生数を押し上げ
収益化審査基準を、最短1ヶ月でクリアできる道を作った

~~~~~~~~~~~~~~~~

こう考えると辻褄が合ってくるなと思っています。

まとめ

2018年1月16日 YouTubeは、チャンネル収益化に関する新しい基準を設け、一見するとハードルが高くなっていますが、

YouTubeがMEDIAとしての価値を保ち続けるのに、新しいユーチューバーの出現は絶対に必要なことだ

と、理解していれば、この改訂は、なにも新規参入者を締め出すモノではないことが分かります。

※締め出したいのはスパム的な使い方をする輩たち

ですので、

YouTube目線で価値のある動画を作成する新しいユーチューバーは、YouTubeアルゴリズムで探し出しブラウジング機能で宣伝し、最短1ヶ月で収益化基準をクリアできるようにしていると、僕は考えています。

ですから、あなたもYouTubeと共生する気持ちで、YouTube目線で価値のある動画を投稿することで、ブラウジング機能を攻略していきましょう!

 

そして、YouTubeで1000万再生されるようなチャンネルを運営したいとお考えなら、僕の電子書籍「ライト版:YouTube1000万再生Club」をプレゼントさせていだきます。

奮ってご応募くださいね。
 ↓ ↓ ↓

The following two tabs change content below.
Takeshi Kato

Takeshi Kato

加藤武 顔出ししないユーチューバー/情報発信者。
1971年11月1日生まれ。新潟県出身。
息子と遊ぶことが大好きな47歳。

大学卒業後サラリーマンとして働くも、出世や昇給の限界を感じ、38歳で副業を始め、間もなくして退職。ネットビジネス1本で生きていく道を選択する。 まったく稼げない時期に苦しみながらも、YouTubeアドセンスと出会い、今では1 日1本の動画をつくるだけで、サラリーマン時代の収入の3倍を稼ぎ続けている。 当時の自分と同じような葛藤を抱える中年サラリーマンに、人生の選択肢を与えることをテーマに、情報発信や指導にも積極的に取り組み、“稼ぐ”ではなく”稼ぎ続ける”ことを重視する指導指針には、老若男女、幅広いファンから熱い支持を受けている。

◆加藤武プロフィール
◆教え子の喜びの声